駅伝、旭化成監督が3連覇に自信

トヨタ服部「V導きたい」

©一般社団法人共同通信社

 来年元日の全日本実業団対抗駅伝(群馬県庁前発着=7区間、100キロ)に出場する有力チームの選手と監督が30日、前橋市で記者会見し、旭化成の西政幸監督は「選手の状態も良く、完全に仕上がった」と3連覇に自信をのぞかせた。

 旭化成は5区に村山謙太、6区に市田宏と、ともに前回区間賞を獲得した2人を並べた。3大会ぶりの頂点を狙うトヨタ自動車は福岡国際マラソンを制した服部勇馬を5区に配置。服部は「区間賞に近い走りをしてチームを優勝に導きたい」と意気込みを語った。

 前回2位のホンダでマラソン前日本記録保持者の設楽悠太は体調不良で欠場する。