ホークス戦力外の沢村賞右腕が引退決断…各球団発表、30日の去就は?

©株式会社Creative2

今季限りで現役を引退する摂津正【写真:藤浦一都】

摂津が今季限りで引退へ

 ソフトバンクを戦力外となっていた摂津正投手が、今季限りで現役を引退することが30日に分かった。今年は多くの名選手が引退したが、2012年に沢村賞に輝いた右腕もユニホームを脱ぐことになった。

 摂津は秋田経法大付からJR東日本東北を経て、2008年のドラフト5位でソフトバンクに入団。1年目から中継ぎで70試合、2年目も71試合に登板し、2年連続で最優秀中継ぎ投手に輝いた。2011年に先発に転向し、2012年にはリーグ最多の17勝を挙げて沢村賞を受賞。5年連続2桁勝利とエースとして活躍した。

 10年間で通算282試合登板、79勝49敗1セーブ73ホールド、防御率2.98の成績を残した。

■パ・リーグ

【ソフトバンク】
摂津正投手 現役引退(Full-Count編集部)