全国のOB・OGに母校についてアンケート調査、「入って良かった大学」ランキング

©株式会社タッチポイント

AIを活用した感情データの分析・可視化を専門とする株式会社Emotion Techは、全国の大学を卒業した男女1,500名を対象にインターネットによるアンケート調査を実施。実際に卒業したOBやOGが「本当の大学の価値」「入って良かった大学」を分析した。

アンケート調査は2018年8月20日〜8月31日の12日間、全国の大学を卒業した男女1,500名を対象に行われ、一校につき信頼を担保できる回答数を得た大学のみをランキングした。
基本設問は「あなたは卒業した大学に入学することを、家族や親しい友人・知人にどの程度すすめたいと思うか?」。この質問を軸に、「大学の印象(イメージ・口コミなど)」「立地・施設(アクセス・広さなど)」「学費(奨学金・入学金など)」「授業(カリキュラム・内容など)「キャンパスライフ(人間関係・サークルなど)」「就職活動支援(OB・就職実績など)」「卒業後(ネットワーク・会報など)」、以上の7項目を調査した。

その結果、1位だったのは慶應義塾大学。「OB・OGネットワーク」「就職のしやすさ」「ネームバリュー」の3項目について、卒業生が母校を高く評価した。

2位は東京大学、3位京都大学。東京大学は「社会的イメージ」「授業料」「授業・カリキュラム」への満足度が高く、「キャンパスライフ(人間関係・サークルなど)」はマイナス要因となった。逆に京都大学は「キャンパスライフ」が大きい一方で「社会的イメージ」「授業料」に関しては、東京大学ほどは押し上げの要因にはならなかった。

4位は早稲田大学で、慶應義塾大学と同様に「就職のしやすさ」の評価は高く、「キャンパスライフ」については慶應よりも高い評価を得たが、授業料についてはOBが強い不満を持っていることがわかった。

5位は同率で関西学院大学と同志社大学、7位は広島大学、8位も同率で青山学院大学と名古屋大学だった。

指標としたNPS(ネット・プロモーター・スコア)は、数値が高いほど顧客のロイヤリティが高いことを意味し、従来の顧客満足度より収益との相関性が高いとされている。NPS先進国の米国では売り上げ上位企業500社の35%がこの指標を経営に取り入れているという。

参考:【株式会社Emotion Tech】全国大学NPS調査結果発表!