登別マリンパークのニシキヘビとツーショット

©株式会社室蘭民報社

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)で29日から、ニシキヘビと一緒に撮影できるイベントがスタートした。普段触れる機会が少ないヘビの肌触りを体験できるとあって来館者は楽しんでいた。

 同館のニシキヘビは、アフリカ西部に生息する「ボールニシキヘビ」で全長約1・5メートル。撮影会は陸族館で実施。家族連れらが“金運をつかさどる”といわれるヘビを「験担ぎに」首に巻き付けたり、手に持ったりして感触を確かめながら記念撮影。中には、怖がって触れない子どもたちもいた。

 札幌市からカップルで遊びに来ていた男性(23)は「結構ずっしりと重たかった。意外とおとなしかったので違和感がなかった。きょうから金運アップしそうですね」と笑顔を見せていた。

 同イベントは来年1月3日までで、午後1時45分から30分行う。参加料は100円、写真は1人2枚まで。カメラは各自用意すること。申し込みは不要で、時間内に会場へ行くとよい。問い合わせは同館、電話0143・83局3800番へ。(古郡正人)

【写真=ニシキヘビと笑顔で記念撮影する来館者】