【MLB】“笑ってはいけない”大谷翔平に称賛の声!? マウンド上での「自制心」に高評価

©株式会社Creative2

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

6月の登板での“笑ってはいけない”状況の反応に…称賛の声!?

 二刀流の活躍でア・リーグ新人王に輝いた大谷翔平投手。投手としては10試合先発に留まったが、最速160キロ超えの豪速球と切れ味抜群の変化球で三振の山を築いた。そんな新星が、6月6日(日本時間7日)のロイヤルズ戦でメジャー最強捕手に投じた一球、そして、“笑ってはいけない”状況での反応が米国で改めて脚光を浴びている。

 100マイル(約161キロ)オーバーの剛速球と宝刀スプリットで全米で話題を呼んだ「投手・大谷」。今回脚光を浴びたのは、もう1つの“魔球”スライダーだった。

「2018年のピッチングニンジャ・アワードの自制心部門 ショウヘイ・オオタニ」と自身のツイッターで発表したのはロブ・フリードマン氏。本職は弁護士ながらも、カレッジで活躍する息子の投手コーチを務めたことで米メディアで注目されているフリードマン氏。SNS上では「ピッチング・ニンジャ」として投手を様々な形で分析し、現役メジャーリーガーや米メディアからもフォローされる名物セレブだ。

 打撃、投球、そして、走塁でも圧倒的な実力を示す大谷の「自制心」が評価されたのは、メジャー9試合目のマウンドだ。ロイヤルズ戦の初回1死一、二塁のピンチで打席に迎えたのはサルバドール・ペレス捕手。2015年のワールドシリーズMVPで、ゴールドグラブ賞5回受賞を誇る名手。今季は打率.235ながら、27本塁打、80打点でリーグ最高の打撃を誇る捕手として自身2度目のシルバースラッガー賞にも輝いている。

ペレスの“過剰反応“に「笑わなかった」、実は「同じボールを誘うため」!?

 大谷はカウント1-1から83マイル(約134キロ)のスライダーを投じた。ボールは鋭く変化し、マルドナード捕手がど真ん中に構えたミットに吸い込まれたが、ペレスは際どい内角球と感じたのだろうか、バットを横に寝かせたまま体をのけ反らせた。フリードマン氏は選考理由を「サルビー(ペレス)が真ん中低めのスライダーに体を強張らせた後、笑わなかったこと」と解説した。

 かなり大げさなペレスの反応にストイックな表情を浮かべていた大谷。ペレスから視線を外して、何とか吹き出すのを堪えている素ぶりにも見える。そして、“笑ってはいけない”という大谷の自制心を称えるツイートに反応したのはアストロズの右腕ランス・マッカラーズ・ジュニア投手だった。

「サルバドール・ペレスはキレ者なんだよ! また同じボールを誘うために、ちょっとばかり大袈裟な反応をするのが好きなんだ。マニー・ラミレスタイプの罠だね」

 2017年のワールドシリーズ制覇に貢献し、今季10勝を挙げたマッカラーズはペレスの“過剰反応”を巧みな駆け引きの1つと分析。メジャー通算555本塁打の名打者ラミレスと同じリアクションで、狙い球を誘うトリックだと指摘している。

 実際に、大谷はこのスライダーの直後に同じコースにスライダーを投じた。ペレスとしては狙い通りだったかもしれないが、結果は投ゴロで併殺打。大谷に軍配が上がっていた。

 過剰なリアクションにも笑いをこらえ、若き右腕も警戒する罠も回避した大谷。その自制心も大きな武器と呼べるかもしれない。(Full-Count編集部)