新元号、4月1日に事前公表

国民生活の混乱回避

©一般社団法人共同通信社

皇居の全景。奥は東京湾=12日午後、東京都千代田区

 政府は5月1日の新天皇即位に伴って改める新元号を4月1日に閣議決定し、事前公表する方針を固めた。政府関係者が1日未明、明らかにした。今の天皇陛下の在位中に一連の手続きを終える構えを堅持する。安倍晋三首相が最終判断した。事前公表の段取りは首相が4日の年頭記者会見で発表する方向で調整する。政府は国民生活に混乱を与えないことを最優先して準備を進める。

 政府が想定する段取りは、事前公表日の4月1日に、政府が数個の原案を有識者や衆参両院の正副議長に示して意見を聴取。改元政令を閣議決定し、天皇陛下が公布する。改元は新天皇即位と同時の5月1日午前0時とする。