首相「日本の明日、切り開く」

年頭所感を発表

©一般社団法人共同通信社

 安倍晋三首相は1日付で年頭所感を発表した。天皇陛下の代替わりを踏まえ「平成の、その先の時代に向かって『日本の明日を切り開く』1年とする。その先頭に立つ」と表明した。10月に予定する幼児教育・保育の無償化をはじめとする「全世代型の社会保障」や「未来の可能性に満ちあふれた地方創生」の実現に向けた決意を強調した。

 第2次政権発足から6年間の経済政策について「若者の就職率は過去最高水準だ。外国人観光客は3千万人を超えた」と指摘し、地方税収が過去最高となったとも説明した。夏の参院選を意識したとみられる。