復興願い初詣、北海道厚真町

「今年こそは平和に」

©一般社団法人共同通信社

昨年9月の地震で大きな被害を受けた厚真神社で、初詣する家族連れ=1日、北海道厚真町

 昨年9月の地震で大きな被害を受けた北海道厚真町の厚真神社で1日、大勢の地元住民らが初詣に訪れ「みんなが健康で平和な年に」などと、復興や平穏な新年を祈った。

 1日午前9時ごろ、氷点下5度を下回る中で参拝客らが白い息を吐きながら次々と訪れ、ホットミルクが振る舞われた。同町のパート従業員森本鎮男さん(83)は「去年はあんな地震が起こると思っていなかった。落ち着いた年になってほしい」と願いを込めた。

 神社は高さ約6メートルの大鳥居が根元付近から倒れ、社殿も柱が傾くなど甚大な被害を受けた。