「さんまさんのフォローが悪い」サッカー・宇佐美貴史の妻がまた大炎上

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)WAYHOME studio / Shutterstock

12月25日に放送された『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)の4時間SPに、プロサッカー選手・宇佐美貴史の妻であるタレントの宇佐美蘭が出演。気になる夫婦事情について明かしていったものの、あまりの“ダメ妻”っぷりに批判が噴出している。

宇佐美蘭は今年8月にも同番組に出演しており、当時は“イラッとくる夫の言動”というテーマで「夫が旅行に連れて行かない」と回答。夫・貴史がドイツのサッカーチームでプレーしているため、試合のない日はドイツ観光に行きたいが、全く連れて行かない点にイライラすると語っていた。

その後も「オフの日ぐらい楽しませろって思うじゃないですか」「サッカーの練習なんて1日2時間くらいだから疲れてないはず」と語り、放送後にはサッカーファンの間で炎上騒ぎに。さらに、蘭はこれを根に持っていたようで、この日も司会の明石家さんまに対して「さんまさんのフォローが悪いから、放送のあと炎上したんですよ」と恨み節を口にした。

 

自己中心的な発言に視聴者イライラ…

番組が終盤に差し掛かると、蘭は夫の貴史を「こだわりがすごくある人」だと紹介。部屋がきれいになっていないと気が済まない夫に対し、「私はガサツでそういうの全然気にしない人だから、よく怒られます」とのエピソードを話し始めた。

しかし、ここで蘭から語られたのは、「私はお菓子の袋も口で開けちゃって、捨てるのが面倒だからゴミも飲み込んでいた」という衝撃のエピソード。続けて「さすがにそれは夫から怒られましたけど…」と明かしたものの、自分本位な発言の連発に、

《さんまのフォローが悪いって、よく言うわ…》
《さんまのせいとか、自分に非があるとは思わないのか》
《旦那が金稼いでんのに、何でお前に奉仕しないといけないの?》
《ゴミも捨てない女って一緒にいたくないだろ…》
《家事も面倒だからって手抜いてそう》

などと、再び炎上状態になってしまった。

これからは“炎上キャラ”として番組内の立ち位置を確立するかもしれない。