新年参賀に平成最多15万人

陛下「世界の幸せ祈る」

©一般社団法人共同通信社

在位中最後の一般参賀に臨まれる天皇、皇后両陛下=2日午前、宮殿・長和殿

 平成最後の年が始まり、天皇陛下が新年に当たり、人々から祝賀を受ける在位中最後の一般参賀が2日、皇居で行われ、平成に入って最多の15万4800人が訪れた。これまでで最も多かった昨年の12万6720人を上回った。

 陛下は、皇后さまや皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻ら成年皇族と共に宮殿・長和殿に立ち「本年が少しでも多くの人々にとり良い年となるよう願っています。年頭に当たり、わが国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」とあいさつされた。

 皇居内には入れたものの、参賀に間に合わなかった人がいたため、急きょ両陛下の意向で回数が増やされる「サプライズ」もあった。

平成最後の一般参賀を待つ人たち=2日午前8時12分、皇居前(共同通信社ヘリから)