3人の山の神が降臨した激戦の5区!東洋大が往路新記録で往路を制す!【往路5区フィニッシュ・第95回箱根駅伝】

©株式会社ookami

陸上 試合サマリー

往路・第95回東京箱根間往復大学駅伝競走は2019年1月2日(水)に行われた。

5区

先頭でタスキを受けた東洋大の田中、昨年に続いての5区となった。安定したペースを刻み首位をキープするものの、後続が徐々に迫る。3位でタスキを受けた東海大の西田がハイペースで突っ込み、序盤で青学大を捉え一気に抜き去る。首位の東洋大との差をどんどん詰めていき、最初3分近くあった差が2分を切る程にまで迫る。昨年法政大の青木が打ち立てた区間記録を上回るペースでの快走を見せる。後半は東洋の田中が粘りの走りを見せ、東海大の西田とほぼ同ペースを維持しそのまま見事優勝。昨年チームが打ち立てた往路記録を上回る優勝となった。東海大の西田は区間新記録となった。

法政大の青木も前評判に違わない爆走。序盤から他の選手を圧倒するスピードで飛ばし前を行く選手を抜いていく。途中少しペースが落ちたものの7人抜きの爆走を見せ、昨年の自身の区間記録を上回る1:11:29でチームを5位にまで押し上げた。

その2人をさらに上回る鬼神の走りを見せたのは、國學院大の浦野だ。上位でタスキをもらうと爆走をつづけ、最後まで全くペースを落とさず驚異の1時間10分台となる1:10:54でフィニッシュした。

3人のタイムは以下の通り。

浦野雄平 国学院大学 1:10:54

西田壮志 東海大学 1:11:18

青木涼真 法政大学 1:11:29

往路・第95回東京箱根間往復大学駅伝競走の速報は詳細をご覧ください。

詳細を確認する