【平成の長崎】背泳ぎ銀メダリスト中村真衣さんが水泳指導

平成21(2009)年

©株式会社長崎新聞社

 2000年シドニー五輪の女子100メートル背泳ぎ銀メダリスト、中村真衣さんによる子ども向け水泳教室が11月3日、長崎市松山町の市民総合プールであった。

 メダリストから学ぶことで水泳を身近に感じて、楽しんでもらおうと市や市教委などが主催。午前中は、市内の小学生447人の応募の中から選ばれた約100人が参加。午後からは市水泳連盟選抜の選手が指導を受けた。

 水泳教室に先立ち、「栄光の足あと」と題して講演。小学生の時、練習がきつくて水泳をやめよう思ったことや、アトランタ五輪での悔しかった経験を語り、「水泳をしていると、常に夢や目標を持つことができた。どんなことでも目標を持つことが大切」と話した。

 午前中は実力に応じて5班に分かれ、息継ぎや水中での手の位置など基本的なことから指導。子どもたちは指導を熱心に聞き、実践していた。
(平成21年11月6日付長崎新聞より)
  ◇   ◇   ◇
【平成の長崎】は長崎県内の平成30年間を写真で振り返る特別企画です。

子どもたちを指導する中村さん=長崎市民総合プール