全国高校サッカー 明秀日立 好機逃す

星稜に惜敗

©株式会社茨城新聞社

明秀日立-星稜 後半ロスタイム、突破を阻まれる明秀日立・藤原(右)=柏の葉公園総合競技場、菊地克仁撮影

サッカーの第97回全国高校選手権第3日は2日、千葉県柏市の柏の葉公園総合競技場などで2回戦16試合が行われ、本県代表の明秀日立は星稜(石川)に0-1で惜敗した。

2連覇を狙う前橋育英(群馬)は宇和島東(愛媛)を2-0で下し、前回大会準優勝の流通経大柏(千葉)は徳島市立に2-1で逆転勝ちした。

尚志(福島)は東福岡を2-0で破り、前回4強の矢板中央(栃木)は日章学園(宮崎)を2-1で退けた。帝京長岡(新潟)は旭川実(北海道)戦で19人ずつが蹴ったPK戦を17-16で制した。初出場の瀬戸内(広島)は東京都市大塩尻(長野)に1-0で勝った。