けものフレンズと長崎バイオパーク コラボ企画開催

©株式会社長崎新聞社

 長崎バイオパーク(西海市西彼町)は2月末まで、テレビアニメなどで人気の「けものフレンズ」とのコラボ企画を開催している。企画は2回目。グッズ販売や有料のクイズラリーなどがある。
 けものフレンズは動物からヒトの姿に変身した「フレンズ」たちが動物園内で冒険を繰り広げる物語。園内にいる動物が擬人化した「フレンズ」が描かれた説明パネルを32枚設置。新たに声優の声で出題するクイズラリーが加わり、全問正解すると缶バッジがもらえる。参加費は100円。
 アニメでは「博士」と呼ばれている体長約20センチのフクロウ「アフリカオオコノハズク」の展示も小動物館の「PAW」で始めた。
 担当者は「パネルには地元の“小ネタ”もあるので、アニメを知らなくても楽しめます」と来園を呼び掛けている。

新たに仲間入りしたアフリカオオコノハズクと、けものフレンズのパネル=西海市、長崎バイオパーク