地面師、主犯格の男2人を再逮捕

積水ハウスから土地代金詐取容疑

©一般社団法人共同通信社

 積水ハウスに架空の取引を持ち掛け、土地購入代金として約63億円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は3日までに、詐欺と偽造有印公文書行使の疑いで、地面師グループの会社員内田マイク容疑者(65)=東京都品川区=と、会社役員土井淑雄容疑者(63)=東京都中央区=を再逮捕した。

 捜査関係者によると、2人は主犯格で、内田容疑者が詐欺の計画を立案したとみられ、土井容疑者は詐取金の分配役だったとみられる。いずれも「関与していない」などと容疑を否認している。