なにわに生きる 第1部「生きる力と教育」(1)

©株式会社新日本海新聞社

授業の中で保護者とグループ面談をし、評価を受けたり、見識を深める児童ら=2018年12月、大阪市平野区の大阪教育大付属平野小

 「芯が折れない鉛筆を作りたい」−。大阪市平野区の大阪教育大付属平野小6年の宮原綸奈子さん(11)は、災害時に役立つ品として着想。開発に向けて試行錯誤し、昨年12月には、授業に招かれた保護者とも対話して見識を深めた。

■「そうぞう」促す

 同校が取り組んでいる「未来そうぞう」科の一環。文部科学省から指定を受け、2016年度から4年間、次期学習指導要領の10年先の教育課程の在り方を追究している。

 各学年の発達段階に応じたテーマで、全児童の探究活動を促進。将来を見通しにくい社会の中で「想像」と「創造」を繰り返しながら未来を切り開く力を育成するのが狙いだ。

 総合的学習の時間や生活科などを一体化して時間を確保。他の教科の学びも探究に寄与するように気付きを促す。四辻伸吾副校長は「未来そうぞう科を核として各教科を結び付ければ、子どもの資質や能力を効果的に伸ばせる」と説く。

 宮原さんは理科の実験時に燃やした木の枝が、鉛筆代わりになると発見。「身に付いた発想力でこれからも課題を解決していきたい」と将来を見据える。

 成果が個々で違う分、適切な評価方法も模索。学習過程のリポートや活動の画像などを蓄積し、保護者といった多様な人からの評価を組み込む。

 カリキュラムの運営指導に当たる大教大の木原俊行教授は「創造性などを育む教育の評価方法は、尺度の多様化が重要。ゴールまでの過程を重視し、チェックはさまざまな立場の人の力も借りながら、一人一人の学びを見つめないといけない」と指摘する。

■根幹の力に課題

 先進的な授業が府内で繰り広げられる一方で、学力の根幹に関わる問題が顕在化している。「国語力」だ。

 18年度全国学力・学習状況調査の小学6年では、主語と述語の関係を問う問題で全国との差が最も大きく、全教科の読解力に課題が見られた。

 府教育庁は「基礎的な言語の力が付いていない」として、17年度には小学校の学年に応じた到達目標を設定し、段階的に習得を促す教材を開発。市町村教委と連携して活用を推進している。

 ただ、大阪は生活保護や就学援助を受ける割合が全国平均より高く、家庭の困窮問題が深刻。世帯の経済状況が学力に影響しているものの、家庭への支援が十分に届いていない実態が府調査などで浮かび上がっている。

 子どもの貧困問題に詳しい大阪府立大の山野則子教授は「学校内に、必要な支援を入れ込む組織づくりが必要」と強調。空き教室などを活用し、学習支援室や朝夕食が取れる食堂、保護者の就労相談の場があるといった形だ。教員の負担が増えないように適切な人材を配置。情報を共有し、個々のケースに即応する。「名ばかりの“連携”ではなく本気で取り組まなければ、子どもの最善の利益を保障できない」と警鐘を鳴らしている。

 生きる力 次期学習指導要領をめぐる中央教育審議会答申では、予測困難な社会の変化に主体的に関わり、感性を豊かに働かせながら、どのような未来を創っていくのか目的を設定。自身の可能性を発揮し、よりよい社会と幸福な人生の「創り手」となる力と捉えられた。