週末は太平洋側でも雲多い 日曜日の東京は6℃予想

©株式会社ウェザーマップ

日本海側は雪や雨、太平洋側は乾いた晴天。きょう3日も、こうした典型的な冬の天気分布になっている。これから来週にかけても3日と似た天気・気温になりやすいが、週末は太平洋側でも雲が広がりやすくなる見込み。一部、天気の崩れる所がありそうだ。

週間天気 日本海側

 北日本を中心に冬型の気圧配置となりやすく、雪や雨の降る日が多い。2日午後から4日(金)昼過ぎまではいったん雪(雨)の範囲は狭くなるが、4日夕方から5日(土)にかけては再び天気が崩れそうだ。一部、雲が発達するため、落雷や突風、大雪に対しても注意が必要となる。その後、9日(水)頃にも、雪が強まり、寒さが厳しくなる見込み。

太平洋側 週末は雲多く

 

晴天が続いている太平洋側でも、5日~6日(日)は雲の広がる所が多い見込み。天気の崩れは西日本の南岸がメインとなるが、東日本の沿岸でも6日は降水があるかもしれない。低気圧の進路によっては、降水域が北へ広がる可能性もあるので、今後の気象情報に注意が必要となる。
なお、6日の関東はほとんど日差しがない予想のため、北陸と同じくらい気温が上がりにくい見通し。東京の予想最高気温は6℃となっている。
(気象予報士・高橋和也)