高校サッカー、前橋育英が敗れる

尚志・青森山田など8強

©一般社団法人共同通信社

前橋育英―尚志 後半、ゴールを決め喜ぶ尚志・染野。左は先制ゴールの沼田=浦和駒場

 サッカーの全国高校選手権第4日は3日、さいたま市の浦和駒場スタジアムなどで3回戦8試合が行われ、尚志(福島)が2連覇を狙った前橋育英(群馬)を2―1で破り、準々決勝へ進んだ。2大会ぶりの優勝を目指す青森山田は大津(熊本)に3―0で快勝し、前回準優勝の流通経大柏(千葉)は星稜(石川)を1―0で退けた。

 初出場の瀬戸内(広島)は岡山学芸館を2―1で下した。秋田商は龍谷(佐賀)との1―1からのPK戦を制し、秋田県勢32大会ぶりの8強。前回4強の矢板中央(栃木)や帝京長岡(新潟)日本航空(山梨)も勝った。

 準々決勝は5日に行われる。