全国高校サッカー、瀬戸内が8強 岡山学芸館を破る

©株式会社中国新聞社

 サッカーの全国高校選手権第4日は3日、さいたま市の浦和駒場スタジアムなどで3回戦8試合が行われ、初出場の瀬戸内(広島)は岡山学芸館を2―1で下し、準々決勝へ進んだ。立正大淞南(島根)は前回4強の矢板中央(栃木)に0―1で敗れた。

 尚志(福島)は2連覇を狙った前橋育英(群馬)を2―1で破り、2大会ぶりの優勝を目指す青森山田は大津(熊本)に3―0で快勝。前回準優勝の流通経大柏(千葉)は星稜(石川)を1―0で退けた。 

 秋田商は龍谷(佐賀)との1―1からのPK戦を制し、秋田県勢32大会ぶりの8強。帝京長岡(新潟)や日本航空(山梨)も勝った。

 準々決勝は5日に行われる。

 ▽無欲の大舞台 イレブン躍動

 初出場の瀬戸内が止まらない。岡山学芸館との隣県対決を制し、広島勢として9大会ぶりの8強入り。佐々木主将は「目標のベスト8に届いて、さらにもう一つ上に挑戦できるなんて」と満面の笑み。一戦必勝で臨む無欲の大舞台で、躍動感にあふれている。

 この日のヒーローはFW中川だった。0―1の前半40分、相手のクリアミスで得た好機に、右足を振り抜いて同点。後半15分は、DFを背負ってボールを持つと、反転して絶妙のコースにシュートを流し込んだ。2試合連続の得点に「正直、こんなに点が取れるとは思っていなかった」と照れ笑いを浮かべた。

 初めて立つ選手権のピッチは、1人の2年生FWをエースに変えた。中川は県予選の4試合でわずか1得点。「みんなは何も言わなかったが、仕事ができず悔しかった」。試合前日は岡山学芸館の動画を見て研究。しっかりと結果につなげた。

 安藤監督は、1試合ごとに手応えを深めている。「(ピッチ外でもプレーについて)選手同士がよく会話している。成長していると感じる」。怖いものなしで、日本航空との準々決勝に乗り込む。(矢野匡洋)

 ▽後半力尽く 岡山学芸館

 岡山学芸館は、後半力尽きた。2回戦から出場の瀬戸内に対し、4日間で3試合目。高原監督は「先制するまでは狙い通りだったが、2試合やっている分、体が重かった」と持ち味の運動量を発揮できなかった。

 前線から積極的にプレスをかけた。前半26分、敵陣で岡田がパスカットし、そのままゴール。しかし、疲れが出始めた前半終了間際に、クリアミスから失点すると、後半は足が止まった。永田主将は「前半終了間際や後半の苦しいところで自分たちの弱さが出た」と目元を赤く腫らした。

【瀬戸内―岡山学芸館】後半15分、瀬戸内の中川(左)がシュートを決め、2―1とする