一年の精進誓う 高岡で新春武道稽古始め

©株式会社北日本新聞社

 高岡市体育協会(塩谷雄一会長)の新春武道稽古始めは4日、同市の県営高岡武道館であり、参加者は今年一年の精進を誓った。

 柔道、剣道、弓道、空手道、銃剣道、合気道、少林寺拳法の各団体から約600人が参加。同協会の山沼茂敏副会長が「改めて稽古にまい進し、心身を鍛えてほしい」とあいさつ。米谷和也市教育長、坂林永喜市議会副議長が祝辞を述べた。

 市弓道連盟のメンバーが模範演技として「巻藁射礼(まきわらしゃれい)」を披露。気合を入れた声を上げて放った矢が的中すると、会場から拍手が起こった。

 終了後、参加者は種目ごとに稽古に励んだ。