浦川翔平さんが長崎の観光大使に ダンス通じ文化発信へ

©株式会社長崎新聞社

 人気ダンスボーカルグループ「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE(ザ ランページ フロム エグザイル トライブ)」のパフォーマー、浦川翔平さん(21)が4日、出身地長崎市の観光大使に就任した。浦川さんは、ダンスを通じて「世界に向けて長崎の文化を発信したい」と語った。

 長崎市立諏訪小1年でダンスを始めた浦川さんは、4年の時、全国大会で優勝。2017年1月、同グループの一員としてデビューした。

 長崎市役所であった就任式で、田上富久市長から観光大使の依頼状を受け取った浦川さんは「表現するのが仕事。いろんな人の心を動かして楽しませたい」と抱負。「長崎の異国情緒ある街並みが好き。長崎でライブをして県外から人を呼び込みたい」と話した。

「長崎の文化を発信したい」と語る浦川さん=長崎市役所