冬が旬!新年に美味しい海鮮を食べる旅

©株式会社オンエア

(C) At Press

日本人はやっぱり魚が好きですよね。1月は年間で一番旬の魚が多い時期かもしれません。金目鯛、蟹、ぶり、鱈、ふぐ。日本海の魚。思っただけでもワクワクしませんか。新年に食べたい、新鮮な旬な海の幸。今しか食べられないのですから、出かけない手はありませんよ。美味しい海鮮を食べる旅へ、一緒に出かけましょう。

伊豆 金目鯛鯛祭り 年末年始も営業

伊豆の網元料理を展開する徳造丸は、旬の金目鯛を使った毎年恒例の「金目鯛祭り」を網元料理店・海鮮直営販売店にて2019年12月1日(土)〜2019年3月31日(日)まで開催しています。年末年始もオープンしているので、思いついた時に電車に乗ってまたは車を走らせて行きたいですね。

年末年始のスケジュールはこちら

http://1930.co.jp/archives/info/年末年始の営業時間ご案内

魚屋のまかない丼

(C) At Press

海老やいくらが山と盛られた「魚屋のまかない丼」にはテンションがあがりますね。お腹を空かせて出かけたいものです。

メニュー名:「魚屋のまかない丼」

価格 :2,300円(税別)

献立 :海鮮たたき・特製だし汁・お吸い物・いか三升漬・香物・

ところてん(黒みつがけ)

金目鯛三色丼

(C) At Press

金目鯛の漬け、お刺身、なめろうの3種類がのった豪華な丼。特製のだし汁がついており、途中からお茶漬けのようにだし汁をかけて食べることも出来ます。デザートが付いているところも嬉しいですね。

メニュー名:「金目鯛三色丼」

価格 :価格2,900円(税別)

献立 :金目鯛切身・金目鯛漬切身・金目鯛なめろう・特製だし汁

お吸い物・いか三升漬・香物・ところてん(黒みつがけ)

徳造丸

提供場所:網元料理店 静岡県伊豆に複数店舗あり

http://1930.co.jp/amimoto

カニ尽くしの蟹フェア

レインボーブリッジを渡ったお台場にあるホテル「グランドニッコー東京 台場」では、お正月明けの2019年1月7日(月)~2月28日(木)まで、「魚介の王様 蟹フェア」を開催。スペインの「パエリヤ」、「蟹クリームパスタ」、「蟹とクスクスのタブレ」、「蟹とビーツのロシア風サラダ」、アメリカの郷土料理「シーフードガンボ」など各国の郷土料理で蟹を堪能出来ます。「トゲズワイ蟹の食べ放題」もありますよ。交通費をかけずに、都内で旬の蟹がいただけるお得なブッフェですね。友人や家族を誘って出かけましょう。

(C) PR TIMES

GARDEN DINING「魚介の王様 蟹フェア」

グランドニッコー東京 台場 ブッフェレストラン「GARDEN DINING」

期間:2019年1月7日(月)~2月28日(木)

住所:東京都港区台場2丁目6-1

提供時間:ランチ 11:30 a.m.~2:30p.m.(L.O.) ディナー 平日 5:30p.m. ~9:00p.m.(L.O.)

土日祝 5:00p.m. ~ 9:00p.m.(L.O.)

料金:ランチブッフェ 平日¥2,600 土日祝¥3,300 ディナーブッフェ 平日¥4,200 土日祝¥4,700 ※消費税・サービス料別

予約・お問い合わせ:03-5500-6600

Website:https://www.okura-nikko.com/japan/tokyo/grand-nikko-tokyo-daiba/dining/#grand-nikko-tokyo-daiba

◆蟹メニュー

トゲズワイ蟹の食べ放題

蟹のクリームパスタ

蟹のグラタン

蟹とクスクスのタブレ

平爪蟹のスパイシーフリットなど

詳細はこちら https://www.tokyo.grand-nikko.com/events/detail.php?id=120

魚の県「とやま」の冬の鮮魚

1年で最も食材が美味しくなる富山県。魚の県「とやま」の冬の旬が魅力的です。

天然の生け簀(いけす)の「富山湾鮨」

(C) PR TIMES

天然の生け簀(いけす)と言われる富山湾は、暖流と寒流が流れ込み多種多彩な魚がとれる水産資源の宝庫です。旬の地魚寿司がいただける「富山湾鮨」。富山湾でとれた冬の鮮魚(甘エビ・ブリ・蟹など)を使った寿司10貫に、汁物付きのセットメニュー。1セット10貫で、お値段は定価で2000円〜3500円(税別)ですから、絶対食べに行きたいですね。

富山湾鮨 提供店など詳細についてはウェブサイトをご確認ください。

http://www.toyamawan-sushi.jp

最高級ブランド魚「ひみ寒ぶり」

(C) PR TIMES

富山湾の王者と称される「富山湾のブリ」。なかでも、富山県西部の氷見漁港で水揚げされる「ひみ寒ぶり」は、最高級のブランド魚として全国的に有名。2019年12月1日(土)~2月28日(木)まで宿泊施設や飲食店(計35店舗)で、ぶりの刺身、ぶりしゃぶ、ぶり大根などぶり料理を提供する「第7回 ひみぶりフェア」を開催。寒いからこそ美味しいブリ。ぜひ本場で堪能したいものです。

ひみぶりフェア

・期間:平成30年12月1日~平成31年2月28日 ※ブリの水揚げがなくなり次第終了

・場所:氷見市内の宿泊施設、飲食店(参加店35店舗)

・交通:JR氷見線「氷見駅」より(参加店による)

※ひみぶりフェア開催期間中でも、必ずしも「ひみ寒ぶり」を提供するわけではありません。ひみ寒ぶりは天然のため、水揚げが少ない場合もございます。

詳細:「ひみぶりフェア」特設サイト http://www.kitokitohimi.com/site/tokusetsu/

地元の漁師メシが発祥の「たら汁」

(C) PR TIMES

たら汁とは、夫の漁の帰りを待つ女房が浜辺で作った漁師メシが発祥の郷土料理。富山県最東部・朝日町の宮崎・境海岸(ヒスイ海岸)近くの国道8号線沿いは「たら汁街道」と呼ばれ、約2kmの距離に「たら汁」提供店が多く点在。地元の漁師メシが発祥の「たら汁」は、ぶつ切りにしたスケトウダラを頭の先から内臓の肝まで鍋に入れて煮る味噌汁で、小鍋のまま提供される素朴さ。週末には県内外から多くのリピーターが、たら汁で温まろうと「たら汁街道」に集まります。たらは1年中水揚げされますが、一番美味しいのは冬ですよ。

たら汁ストリート

・提供店:9店舗(国道8号線沿い)

※飲食店7店舗・宿泊施設2店舗(2018/11現在)

・交通:あいの風とやま鉄道「越中宮崎駅」から徒歩(5分~15分位)

北陸自動車道「朝日IC」から車で約15分

■詳細:「朝日町観光」情報サイト https://www.asahi-tabi.com/

輪島温泉とフグ尽くし

冬のご馳走といえば、ふぐ。輪島ふぐと美肌の湯として人気のあるねぶた温泉を組み合わせた、「輪島ふぐ尽くし会席プラン」が2018年12月10日(月)~2019年2月28日(木)まで開催。ふぐの漁獲量日本一(平成27年度 農林水産省統計より)の輪島港直送のふぐを使用し、てっさ鍋・てっちりを中心としたふぐ尽くしの会席料理。コラーゲンたっぷりのふぐと、天然アルカリ性の泉質で、ツルツルした湯触りの美肌湯でますます綺麗になりましょう。ちょっとお高いですが、新年ですから自分磨きに投資するのも良いものです。

源泉(厳選)輪島フグ尽くし会席

能登の庄

住所:〒928-0005 石川県輪島市大野町ねぶた温泉

期間:2018年12月10日~2019年2月28日

料金:3万円~/1泊2食付き宿泊プラン(税抜き)

<お品書き>

食前酒: 輪島ふぐのひれ酒

先付 : 輪島ふぐ皮のコラーゲン寄せ

前菜 : 能登珍味五品盛り

小吸物: 輪島ふぐの清まし仕立て

造里 : 輪島ふぐのてっさ

煮物椀: 輪島ふぐの昆布蒸し

鍋物 : 輪島ふぐのてっちり鍋

揚物 : 輪島ふぐの白扇揚げ

酢の物: 輪島ふぐのたたき

食事 : 輪島ふぐの雑炊

果物 : 能登大納言ゼリー

◇ご予約

https://www7.489ban.net/v4/client/plan/pbview/customer/notonosyo/pbid/361572/from/recommend

いずれも魅力的な、旬の海鮮。どれも食べてみたくて、迷いますね。海に囲まれた日本は、海の幸に恵まれていると実感するものです。