山田高、逆転勝ちで4強入り 二階堂がチーム救う2発決める/全国高校サッカー

©株式会社東奥日報社

【青森山田-矢板中央】後半、決勝ゴールを決め、駆けだす青森山田・二階堂(左)。右は橋本=等々力

 第97回全国高校サッカー選手権は第5日の5日、首都圏2会場で準々決勝4試合を行った。青森県代表の青森山田は、等々力陸上競技場(川崎市)で栃木県代表の矢板中央と対戦し、2-1の逆転勝利で2大会ぶりに準決勝へ駒を進めた。

 青森山田は前半14分に先制点を献上したが、同40分にDF二階堂正哉が味方のシュートを頭で軌道を変えて同点に追い付くと、後半も二階堂が逆転弾を押し込んで決勝点を挙げた。得点はいずれもロングスローが起点となった。

 4強入りした青森山田は12日、埼玉スタジアムで、決勝進出を懸けて尚志(福島)と対戦する。