各国の鍋料理で心も身体もポカポカ 「Winter Fair」ブッフェ

©株式会社ジェイ・キャスト

名古屋東急ホテル(名古屋市)は「Winter Fair ~冬の味覚と各国の鍋料理~」を、2019年1月12日から2月24日までオールデイダイニング「モンマルトル」で提供する。土日祝日限定。

作りたてのアヒージョを提供

フランス、スペイン、韓国の鍋料理

常設のブッフェ台や、できたての料理を出す"シェフパフォーマンスコーナー"で、各国の温かい鍋や熱いアヒージョ、冬の味覚の数々を使った料理をブッフェ形式で提供する。

漁業で栄える"フランス・プロヴァンス地方"の名物料理で、世界3大スープのひとつでもある「ブイヤベース」は、魚介の旨みが凝縮された濃厚さが特徴。シェフパフォーマンスコーナーでできたてを味わえる「アヒージョ」は、エビや茸をオリーブオイルとガーリックで煮込んだ味わい深いスペイン料理だ。その他、スペイン・マドリードの郷土料理で、肉と豆と野菜を煮込んだボリューム満点の「コシード」や、具材の旨みにコチュジャンの辛さがマッチする、韓国の「スンドゥブ」など、各国の鍋料理が登場する。

また、人参や蓮根などを使ってコンソメで仕上げた「冬の根菜の洋風茶碗蒸し」や、旬の鯛による「鯛のヴァプール ユリネとエディブルフラワーのマリアージュ」など、冬ならではのメニューが並ぶ。

料金はランチ3200円、ディナー5000円。<J-CASTトレンド>