小中学生は、お年玉で金銭教育を!

©株式会社オールアバウト

子どものお金の知識・知恵は、「生きる力」の1つとして重要なものといえます。そのため、金銭教育や金融教育の重要性が叫ばれています。

小中学生の金銭・金融教育をメインで行うべきは、親御さんです。とはいえ、「お金の教育って何をどうすればいいのかわからない」という人もいるでしょう。そんな人は、新年のお年玉から始めてみては?

実は、お年玉こそ、子どもにお金のことを考えさせるとともに、子どものお金の使い方のクセを見抜いて改善していく、かっこうの金銭教育のタイミングなのです。

子どもにお金のことを考えてもらう

年始はママやパパもゆっくりできるときだから、親子でじっくり「お金」のことを話し合ってみましょう。

「お金ってどこからやってくると思う?」

「お小遣いってなんだと思う?」

「どうしてお金は大事に使わないといけないんだと思う?」

などと普通の会話として切りだしてみるのもありです。どんな答えが返ってくるか楽しみですね。

これらの答えは親も用意しておかなくてはなりませんが、「わが家の答え」があればいいと思います。お金教育は、ある意味、親の生き方を伝えることでもあるからです。

こうした会話が普段からできるようになるといいですね。

お年玉の使い方をチェック

もう1つ、子どもたちにとってはたくさんのお金を手にする季節ですが、このお年玉の使い方を観察してみては? 子どものお年玉を将来の教育資金の貯蓄にどれくらい回すのかも親子で話し合ってくださいね!

ただし、親が使い方を誘導したり強制したりしていては意味がありません。あくまでも「自由に使える」状況で、どう使うのかを見守ることが大事です。

問題がありそうなときはきちんと親の考え方を説明することが大事です。親自身のお金との付き合い方や、お金に対する哲学も問われることになります。

たとえば、お年玉を「あるだけ使ってしまう」、買ったものもすぐに飽きて放り出す、目先の「お菓子・ジュース」などで使ってしまって、気づいたらいつもお年玉が消えている、などといった子には、お金をなぜ大事に使わないといけないのかを、しっかりと親自身の言葉で説明しましょう。

お金は使って満足することも大事だと思います。ただ、限られたお金を上手に使うことで、いろいろな可能性が広がるのです。大人になったときに家計コントロールも上手にできて、赤字体質で悩むことがないようにしたいもの。

お金の使い方は生活習慣ですので、ぜひお年玉をきっかけに、家族で考えてみるといいですね。

(文:豊田 眞弓(マネーガイド))