中古車解体会社で火災、倉庫や事務所全焼 従業員が火を使い鉄材曲げる作業中、炎が出て通報/加須

©株式会社埼玉新聞社

 4日午後4時ごろ、埼玉県加須市道地の中古自動車解体会社「MARI TRADING」から出火し、鉄筋平屋倉庫やプレハブ平屋事務所が全焼した。

 加須署によると、従業員男性(18)が作業中に炎が出ているのを発見し、119番。全焼したプレハブ平屋事務所とは別のプレハブの一部と車の部品なども焼いた。当時、3人の従業員が火を使って鉄材を曲げる作業をしていた。同署で詳しい出火原因を調べている。

加須署=加須市大門町