桐蔭V王手 全国高校ラグビー 7日決勝

©株式会社神奈川新聞社

 第98回全国高校ラグビー大会は5日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で準決勝を行い、神奈川代表でAシードの桐蔭学園が、過去11大会で6度優勝の強豪・東福岡を46-38で破り、準優勝した第95回大会以来3大会ぶり6度目の決勝進出を果たした。

 桐蔭は7点を追う後半にフランカー渡辺誠人(2年)、WTB西川賢哉(2年)の連続トライなどで勝ち越した。初優勝を果たした第90回大会は東福岡との両校優勝だった桐蔭は、今大会で初の単独制覇を狙う。7日午後2時から同ラグビー場で行われる決勝で、大阪第1代表の大阪桐蔭と戦う。 

決勝進出が決まるノーサイドのホイッスルを聞き、喜び合う桐蔭学園の選手ら=花園ラグビー場