文化財被害、新たに3件 和水町の震度6弱地震 

©株式会社熊本日日新聞社

 3日に震度6弱の地震を観測した熊本県和水町は5日、古墳や古民家など指定文化財の被害調査を続行し、国指定史跡「田中城跡」で西側斜面が一部損傷するなど3件の被害を確認した。

 町によると、いずれも被害の程度は軽微という。文化財の被害は、国指定史跡「江田船山古墳」内にある石棺と合わせ、4件となった。

 また、町が同日開いた災害対策会議では、民家の外壁やブロック塀のひび割れなど新たに8件の被害が報告された。町内2カ所に設けられた避難所では同日も高齢者らが夜を過ごした。

 高巣泰廣町長は「余震が続いており、まだ安心はできない。警戒を続けたい」と話した。(長濱星悟)