ロッテのドラ1藤原、練習を公開

「新人王へ全力で」

©一般社団法人共同通信社

バットを振り込むロッテのドラフト1位新人の藤原=大阪府大東市

 ロッテのドラフト1位新人、藤原恭大外野手(大阪桐蔭高)が6日、大阪府大東市の同校グラウンドで練習を公開し「新人王という目標に向かって、全力でやっていきたい」と決意を口にした。

 高校2年の春から甲子園大会に4度出場し、3度の優勝を果たした。思い出が詰まったグラウンドで練習するのはこの日が最後。フリー打撃では特大の本塁打を披露し「最初は柵越えが出なかったが、だいぶ慣れてきた」と木製バットの扱いに手応えをにじませた。

 昨年末に練習に訪れた、高校OBの森友哉捕手(西武)から下半身の使い方をアドバイスされ、飛距離が伸びたという。