ハーブや薬草の加工事業強化 白山のミントレイノ 金大准教授と連携

©株式会社北國新聞社

 白山市女原の市観光施設「ハーブの里・響きの森ミントレイノ」は今春から、白山麓産のハーブや薬草の加工事業を強化する。薬草の栽培加工の研究に取り組む金大薬学系の佐々木陽平准教授と連携し、敷地内でのハーブの栽培面積を増やすほか、施設内に加工ブースを設ける。白山麓で収穫した薬草やハーブを食品や入浴剤などに活用し、美や健康の面から霊峰白山が育んだ自然をPRする。