史上最強のジャズ・レーベル、ブルーノート創立80周年記念。J-Squadによる「処女航海」の未発表音源を特別限定公開

©ユニバーサル ミュージック合同会社

「1939年1月6日、アルフレッド・ライオンは初の録音をプロデュースする。(中略)それはよく晴れた冬の日だった。ライオンはニューヨークの小さなスタジオを一日だけ借りた。」──リチャード・クック著、前野律訳、行方均監修「ブルーノート・レコード 史上最強のジャズ・レーベルの物語」(朝日文庫2002年)より

今からちょうど80年前の1939年1月6日、ドイツからニューヨークに渡ってきた熱心なジャズ・ファンのアルフレッド・ライオンが自費で行ったこの録音により、レーベル第一弾作品となるミード・ルクス・ルイスとアルバート・アモンズのレコード(SP盤)が生み出され、ブルーノート・レコードが産声を上げた。以降、ジョン・コルトレーン『ブルー・トレイン』、キャノンボール・アダレイ&マイルス・デイヴィス『サムシン・エルス』、ソニー・クラーク『クール・ストラッティン』、アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ『モーニン』など、1950~60年代のモダン・ジャズ黄金時代に生まれた名盤は時代を超えて人気を博しており、それらは2019年1月16日より80周年記念「ブルーノート・ザ・80ワークス」シリーズとして高音質UHQ-CD仕様で順次リイシューされる。

ハービー・ハンコック『処女航海』ジャケット写真

80周年に先駆けて昨年末にオープンしたジャズの新情報サイト「BLUE NOTE CLUB」(https://bluenote-club.com/)では、ブルーノートを代表するヒット曲であるハービー・ハンコック「処女航海」のJ-Squadによるカヴァー音源が公開された。J-Squadは、テレビ朝日系「報道ステーション」のテーマ曲を手掛ける、メンバー全員がニューヨークを拠点に活躍中の日本人ジャズメンによるスーパー・バンド。そのうちトランペットの黒田卓也は、日本人で初めてUSブルーノートと契約を結んだキャリアを持つ。今回のカヴァー音源は、昨年発表のアルバム『J-Squad II』の制作時にレコーディングされたものの、これまで世に出ていなかった貴重なトラック。60年代ジャズの金字塔といえるハービー・ハンコックの名曲にJ-Squadが新たなエネルギーを吹き込んでいる。レーベルの発足記念日である1月6日から2週間限定での公開なのでお聴き逃しなく。

そして、1月21日、22日に80周年を記念してのコンサート<BLUE NOTE plays BLUE NOTE>がブルーノート東京で開催される。ここでは黒田卓也や桑原あい、石若駿などによる人気の若手ジャズ・ミュージシャンによるスペシャル・バンドがブルーノート史上の名曲の数々を披露する予定。また、日替わりでジェイムズ・フランシーズとトニー・アレンという現行のブルーノート・レーベル所属のアーティストがゲストに加わり華を添える。

【映像】
BLUE NOTE CLUB
J-Squad「処女航海(Maiden Voyage)」カヴァー
https://bluenote-club.com/diary/124836?wid=68497
※1月20日(日)までの限定公開

BLUE NOTE CLUB
https://bluenote-club.com/

【リリース情報】
ブルーノート・ザ・80ワークス
第1回発売:モダン・ジャズ黄金時代(20タイトル)
2019年1月16日(水)発売
完全限定盤 1,944(tax in) ユニバーサル ミュージック

・高音質UHQ-CD仕様
・オリジナルLPライナーノーツの日本語訳付
・新規ミニ・ライナーノーツ付
・ジャズの新情報サイト「BLUE NOTE CLUB」の特別コンテンツへアクセス可能なシリアルコード封入

*全タイトル一覧は/予約はこちら

UCCQ-9411 ジョン・コルトレーン『ブルー・トレイン+3』
UCCQ-9412 キャノンボール・アダレイ&マイルス・デイヴィス『サムシン・エルス+2』
UCCQ-9413 ソニー・クラーク『クール・ストラッティン+2』
UCCQ-9414 アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ『モーニン+2』
UCCQ-9415 ソニー・ロリンズ『ヴィレッジ・ヴァンガードの夜+4』
UCCQ-9416 バド・パウエル『ザ・シーン・チェンジズ+1』
UCCQ-9417 ハンク・モブレー『ソウル・ステーション』
UCCQ-9418 リー・モーガン『キャンディ+1』
UCCQ-9419 サド・ジョーンズ『ザ・マグニフィセント・サド・ジョーンズ+2』
UCCQ-9420 ジョニー・グリフィン『イントロデューシング・ジョニー・グリフィン+2』
UCCQ-9421 リー・モーガン『リー・モーガン Vol. 3+1』
UCCQ-9422 カーティス・フラー『カーティス・フラー Vol. 3』
UCCQ-9423 ホレス・パーラン『ムーヴィン・アンド・グルーヴィン』
UCCQ-9424 アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ『ザ・ビッグ・ビート+1』
UCCQ-9425 ジミー・スミス『クレイジー・ベイビー+2』
UCCQ-9426 デューク・ピアソン『テンダー・フィーリンズ』
UCCQ-9427 フレディ・ハバード『オープン・セサミ+2』
UCCQ-9428 ザ・スリー・サウンズ『ムーズ』
UCCQ-9429 デューク・ジョーダン『フライト・トゥ・ジョーダン+2』
UCCQ-9430 ケニー・ドリュー『アンダーカレント』

【コンサート情報】
ブルーノート・レコード80周年記念
BLUE NOTE plays BLUE NOTE
2019年1月21日(月)、22日(火) ブルーノート東京
[1st] Open5:30pm Start6:30pm [2nd]Open8:20pm Start9:00pm
出演:黒田卓也(tp)、西口明宏(ts)、井上銘(g)、桑原あい(p)、宮川純(org, elp, p)、角田隆太 [ものんくる](b)、石若駿(ds)
Special Guest:ジェイムズ・フランシーズ(p, key, 1/21)、トニー・アレン(ds, 1/22) http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/blue-note/
お問い合わせ ブルーノート東京 (03-5485-0088 月-金11:00-21:00、土日祝11:00-20:00)