菅氏、日韓関係「厳しい状況」

徴用工訴訟、資産差し押さえ批判

©一般社団法人共同通信社

 菅義偉官房長官は7日の記者会見で、韓国最高裁が新日鉄住金に賠償を命じた元徴用工訴訟の原告側による資産差し押さえ申請を批判した。「極めて遺憾だ。日韓関係に否定的な韓国側の動きが相次いでいることは大変残念だ。日韓関係は非常に厳しい状況にある」と述べた。

 安倍晋三首相が対抗措置を検討するよう関係省庁に指示したことを踏まえ「関係省庁間で協力しつつ、国際法に基づき毅然とした対応を取るために具体的な措置の検討を深めていく」と強調した。