2019年はどんな年になる? イギリスの占い師がアスパラガスで大予想

©英国ニュースダイジェスト

アスパラガスを空中に向かって投げ、地面にどう落ちたかで運勢を読むイングランド西部バースの占い師、ジェマイマ・パッキントンさん。一風変わった占術だが、過去にイギリスの欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)や、昨年の米朝首脳会談を的中させた実績がある。そんなパッキントンさんが2019年に起こる出来事を予言した。「メトロ」紙が伝えた。

今年起こりうる10の出来事は以下の通り。

①ブレグジットに対する恐れは、根拠がないものであることが分かる

②米中貿易戦争は終結するが、米国の景気後退は世界各国に影響を及ぼしていく

③新しいテクノロジーが生まれる

④サッカーのイングランド女子チームがフランスで開催されるワールド・カップ(W杯)で優勝する

⑤昨年終了したリアリティー番組「ビッグ・ブラザー」シリーズが今年も放映される

⑥異常な気温が当たり前になる

⑦レディー・ガガ主演の米映画「アリー/ スター誕生」がアカデミー賞を受賞する

⑧イギリスの有名企業が倒産

⑨クリケットとラグビーのイングランド・チームが良い成績を収める

⑩アスパラガスの売れ行きが好調