治療中に目にタオル、わいせつ容疑 歯科医師を逮捕

©株式会社神奈川新聞社

 患者の女性にわいせつな行為をしたとして、神奈川県警鶴見署は7日、準強制わいせつの疑いで、横浜市青葉区あざみ野4丁目、歯科医師の男(29)を逮捕した。

  

 逮捕容疑は、昨年12月12日午後5時20~25分ごろ、同市鶴見区鶴見2丁目の鶴見大歯学部付属病院の診察室で、東京都内の20代の女性会社員に、治療に乗じてわいせつな行為をした、としている。

 

 署によると、同容疑者は女性の目にタオルをかぶせてわいせつな行為をしたという。調べに対し、容疑を認め「他の患者にも同じようなことをした」などと供述している。女性からの被害届を受け、署が捜査していた。