トランプ政権は無能、加州新知事

移民問題などで対決姿勢を鮮明に

©一般社団法人共同通信社

息子を抱いて知事就任宣誓式に臨んだ米カリフォルニア州のギャビン・ニューソム新知事=7日、サクラメント(ゲッティ=共同)

 【ロサンゼルス共同】米西部カリフォルニア州のギャビン・ニューソム新知事(51)=民主党=は7日、州都サクラメントでの就任宣誓式で「われわれはホワイトハウスの腐敗と無能さとは異なる代替策を示す」と強調し、移民問題などでトランプ政権との対決姿勢を鮮明にした。任期は4年。

 ニューソム氏はトランプ大統領を名指ししなかったが、同州が重視する不法移民に寛容な「聖域都市」制度や、医療保険制度(オバマケア)を念頭に「ワシントンの政権はわれわれの価値観に敵対的だ」と主張。ブラウン前知事と同様、司法の場などで政権に挑んでいく考えを示した。