冬型強まる 日本海側は今夜から大雪に

©株式会社サニースポット

冬型の気圧配置にもいろいろありますが、今朝(8日)は冬型が緩んでいます。地上天気図に描かれる等圧線の間隔が大きく開いていますので、全国的には風が弱く、日本海側の雪も弱まっている所が多いです。

ところが、今夜~あす(9日)は冬型が強まります。等圧線の間隔は狭くなり、今夜は西よりの風、あす朝は全国的に北よりの風が強まるでしょう。強い寒気も南下する予想です。

日本海側では、今夜から再び雪が強まり、山沿いでは大雪となるでしょう。特に北陸や東北、関東甲信(長野北部や群馬北部)の山沿いでは、急激に積雪の増える所が出てきそうです。

あす朝にかけて、北陸や東北の山沿いで50~60センチ、長野北部の山沿いで40センチの雪が予想されていますが、あす昼前後にかけてはさらに雪の量が増えるおそれがあります。大雪や路面凍結による交通障害には十分に気を付けてください。

山陰でもあすは雪が降り、沿岸の市街地では風が強いので吹雪に、山沿いでは大雪になる所がでてくるでしょう。

太平洋側では、晴れる所が多くなりますが、あすは北風がかなり冷たいです。ダウンやマフラー、手袋などで万全な防寒対策が必要です。