圧倒的なグラフィックの「黒い砂漠 MOBILE」がいよいよ日本上陸!先行試遊&リリース発表会をレポート

©株式会社イクセル

パールアビスジャパンは、2019年春に配信予定のiOS/Android向けアプリ「黒い砂漠 MOBILE」の概要を公開する「『黒い砂漠 MOBILE』リリース発表会」を、本日1月8日に秋葉原UDXシアターにて実施した。

「黒い砂漠 MOBILE」は、パールアビスが開発したPC用MMORPG「黒い砂漠」を原作としたモバイル端末向けオンラインゲームだ。

原作の「黒い砂漠」は、3年に及ぶ独自エンジンの開発によって実現された圧倒的なアクション体験と実写のようなグラフィックスで、これまでに表現できなかった没入感のあるMMORPGとして現在も好評を博している。

本日、「黒い砂漠 MOBILE」の日本展開に向けての予定や、ゲーム概要が紹介されるリリース発表会が秋葉原UDXシアターにて行われた。本稿では発表会で明かされた内容や、試遊版のインプレッションを紹介していこう。

■モバイルゲームとしては異例のグラフィック!ローンチコンテンツなども紹介!

リリース発表会の冒頭では、早速マニュフェスト動画が公開。モバイルゲームとしては破格ともいえるリッチなグラフィックや大迫力の戦闘シーンなどが確認でき、本作への期待が一気に高まる。

イ ジョンソプ氏

最初にステージに登壇したのは、本作を運営するパールアビスジャパン 代表取締役のイ ジョンソプ氏。「この映像で使われているグラフィックは実際のゲーム内の映像です。信じられますか?」と参加者に問いかけた。

原作となる「黒い砂漠」は、3年程前より日本でもPCでサービスが展開されており、全世界150ヶ国、1,000万人以上がプレイした人気タイトルであることが紹介される。

そんな「黒い砂漠」をモバイル化し、様々なデバイスで遊べるよう開発されたのが「黒い砂漠 MOBILE」。既に韓国および台湾にてサービスが展開されており、確かな実績を持っていよいよ日本で2019年春に配信を予定しているとのことだった。

続いては本作の運営プロデューサーを務めるパールアビスジャパンの秋山隆利氏が登壇し、本作のゲーム概要が紹介された。

本作は、PC版「黒い砂漠」をベースにモバイルでもハイエンドタイトルを手軽に遊べるよう一から開発。また、モバイル版ならではのMMO体験が提供できるよう最適化が行われている。

秋山隆利氏

PC版「黒い砂漠」は、MMORPGとしては圧倒的なグラフィックを誇っていたが、その根源を支えているのがPRGの表現に特化した独自エンジンの存在だ。「黒い砂漠 MOBILE」でも、この美しいグラフィックが完全再現されているのが特徴の1つとなる。

バトルは、PC版と同じようにアクションゲームのような爽快なバトルが楽しめる。今までのモバイルゲームでは無かった爽快感をぜひ味わって欲しいと秋山氏は強調した。

また、こちらもPC版の特徴の1つであったキャラクターメイク機能も再現。細部まで作り込みが可能で、自分だけのキャラクターを創り出すことができる。驚くべきはその種類の豊富さで、骨格など細かな部分までもが調整可能だ。なお、本作ではモバイル端末でも直感的にキャラメイクができるよう、基本的にはスライダーで設定していくようだった。

ステージには雑誌モデルとして活躍中の武田あやなさんも登壇。キャラメイクで武田さんそっくりのキャラクターを作成し、本作の自由度の高さをアピールした。

また、実装されるコンテンツ情報も紹介された。様々なシチュエーションでのバトルコンテンツはもちろん、1人でマイペースに遊べる生活要素もあるようだ。MMORPGの醍醐味であるコンテンツの数々をモバイルで楽しめるのは嬉しいポイントだ。

さらに、日本展開にあたり、新機能も追加されるようだ。手軽にバトルが楽しめるオートプレイや長くプレイするための節電モード、またゲーム内掲示板などでコミュニティもサポートしていくという。

気になる課金方針も発表。基本的に課金で手に入るアイテムは、全てゲーム内で入手が可能になるという。また、課金だけで最上位アイテムを手に入れることをできないようにし、ゲーム性を損なわないよう販売物を調整していくとのことだった。

次に日本でのローンチ情報が公開された。配信時には5つのクラスが使用可能となっており、地域としてはカルフェオンまでが公開。またコンテンツは、6種の戦闘コンテンツ、領地と生活コンテンツが楽しめる。ここをスタート地点として、2ヶ月程度のサイクルでアップデートを実施。ゲームを拡張していくことが語られた。

事前登録は本日1月8日よりスタート。併せてサービスイン時に報酬が入手できる事前登録キャンペーンも開始する。人数が100万人に達成したときの報酬はシークレットとなっているが、驚くものが用意されているそうだ。

また、配信ツール「Mirrative」とのタイアップ企画も予定しているそう。リアルタイムでの動画配信や、ゲームを使った遊びなども予定しているそうだ。

■よりMMOらしさを感じれれるモバイル向けMMORPG

リリース発表会終了後、「黒い砂漠 MOBILE」の試遊が可能となっていた。短い時間ではあるが実際にゲームをプレイしてみて感じた、本作の魅力の一端を紹介しよう。

まず、本作を触って一番最初に驚いたのがカメラを自由に動かせることだ。モバイル向けの3DMMOではカメラが固定のクォータービューが採用されていることが多いが、本作では画面をスワイプ、ピンチイン・アウトすることでアングルを自在に変更できる。本作はアクション要素の強いタイトルなので最初は少々慣れが必要かもしれないが、実際に遊んでみるとコチラのほうがよりMMOらしさを感じられるため、非常に嬉しいポイントだった。

スクリーンショット用にUIを消すことも可能。またモバイル端末ならではの縦画面表示もできる。PC版のように画面効果を切り替えることも可能だ。

バトル要素に関しても、モバイルタイトルとは思えないほどの迫力のある戦闘が楽しめた。PC版ではノンターゲティング方式が採用されていたが、本作では敵に近づくと自動でセミロックのような状態になる。この状態でスキルを使用すればきちんと敵に攻撃が届くようになっている。

攻撃は、画面右のスキルボタンで可能だ。中央のボタンが通常攻撃、円状に配置されているのがスキル、右手前が回避行動となっている。スキルは4つまで表示されているがスワイプでページを切り替えることが可能なので8つのスキルを使い分けることが可能。また、設定画面でプリセットを3つまで登録できるので、実際にはかなり幅広い戦い方ができそうだった。

また、生活要素として領地というエリアも存在する。ここでは自分の土地を持つことができ、領民と一緒に自分好みの街を作ることができるようだった。採集や釣りなどでアイテムを獲得することも可能だ。

今回は試遊版での短いプレイではあったが、それでも本作の持つポテンシャルの高さの一端を垣間見た気持ちだった。グラフィックの美しさもさることながら、一番に感じたのはモバイルタイトルながら、しっかりとMMORPGだったことが印象に残った。

今回は体験出来なかったが、この他にも多人数PvPやワールドレイドボスなどMMOとして楽しめる要素が満載の本作。配信予定の2019年春を心待ちにしたい。

愛馬にまたがって森の中を散策することもできた。

Copyright (C) Pearl Abyss Corp. All rights reserved.