大手コンビニ3社が配送で協力

人手不足、駐車場を共用

©一般社団法人共同通信社

 セブン―イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソンの大手コンビニ3社と経済産業省が商品を配送するトラックの駐車スペースを共用する取り組みを始めることが8日、分かった。都市部で駐車スペースがない店舗への配送効率を上げることで、深刻化する運転手の人手不足に対応する。他の業界でも競合他社が物流で協力する仕組み作りが進んでいる。

 コンビニ3社は店舗に商品を荷下ろしする際にトラックを止める駐車場を共同で借り上げ、配送時間も重ならないよう融通する。