広瀬すずがヒロイン役「なつぞら」に仙道敦子、柄本佑、北乃きいらが出演

©株式会社東京ニュース通信社

広瀬すずがヒロイン役を演じる4月1日スタートのNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜午前8:00)の新たな出演者が発表され、仙道敦子、柄本佑、北乃きいらの出演が決まった。

同作は、戦災孤児となった奥原なつ(広瀬)が、父の戦友の柴田剛男(藤木直人)に引き取られて北海道・十勝に移り住み、成長後は草創期のアニメ業界に飛び込むストーリー。仙道は帯広の菓子店「雪月」の店主(安田顕)の妻・小畑妙子役、柄本はなつが進学する十勝農業高校の演劇部の顧問・倉田隆一役、北乃は十勝の深い森の中に父と2人で住む娘・阿川砂良役を演じるほか、平尾菜々花、富田望生、犬飼貴丈、中原丈雄の出演も決まった。

「おしん」(1983~84年)以来の朝ドラ出演となる仙道は「“朝ドラ”、それも100作目という記念すべき作品に出演することができ、本当に光栄です。“朝ドラ”は主人公の人生が壮大なスケールで描かれますが、その中でも特に活力のある小畑家の嫁・妙子を明るく演じたいと思います」と意気込みを語っている。

また、柄本は「倉田先生は“魂”という言葉が好きです。そんなパッションにあふれた先生をやらせていただくことは、楽しくも難しかったです。どうすればパッションにあふれるのか? そんなことを考えながら頑張りました」と役どころをアピール。北乃も「参加させていただけることをとても光栄に思っております。とても愛のある作品なので、愛を持って阿川砂良を真っすぐに演じていきたいと思います」と出演の喜びを明かしている。