タイム縮め納得の走り 東洋大・今西駿介(小林高出)

©株式会社宮崎日日新聞社

多くの人から「走りに元気をもらった」と激励され、自分の力になっていると感謝する今西駿介=宮崎市内

 東海大の初優勝で幕を閉じた第95回東京箱根間往復大学駅伝(2、3日)。3位だった東洋大で2年連続山下りの6区(20・8キロ)を任された小林高出の今西駿介(3年)は、昨年から大きくタイムを縮める力走を見せた。「力は出し尽くした」と、レースを振り返る一方で「来年こそ総合優勝できるよう、チームを引っ張っていきたい」と気持ちを新たにしている。