英議会、離脱政策縛る法案可決

メイ首相に逆風

©一般社団法人共同通信社

 【ロンドン共同】英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、英下院で8日、EUとの「合意なき離脱」に備えたメイ政権の対策を制限する内容の修正法案が可決された。与党保守党からも造反者が出た上、EUとの離脱合意案が下院で否決された場合の戦略に影響を及ぼすことになり、メイ氏にとって逆風となりそうだ。

 BBC放送などによると、採決されたのは財政関連法案の修正案で、保守党と最大野党労働党の議員らが主導して提案。15日に予定される下院採決で離脱合意案が否決された場合、政府が「合意なき離脱」に備えた対策を議会の同意なく進めるのを制限する効果があるという。