岩手医大、8人を追加合格

医学部不適切入試で

©一般社団法人共同通信社

岩手医科大学=盛岡市

 岩手医科大が医学部入試の合否を巡り不適切な運用をしていた問題で、同大は9日、2018年度の一般入試と学士編入試験で合格ラインを上回りながら不合格とされた計8人を追加合格とし、4月の入学を認めると明らかにした。対象は一般入試の7人と編入試験の1人。今後、入学の意思を確認する。

 文部科学省から不適切との指摘を受け、大学は昨年12月21日から医学部以外の教授や弁護士らによる学内調査委員会で、不合格者への救済や入試の改善策を検討。4日に調査報告書をまとめた。

 岩手医大は「今後は規範などを順守し、公正な入学試験を実施する」としている。