金正恩氏が経済視察

訪中で新路線アピールも

©一般社団法人共同通信社

北京市内を通過する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長を乗せたとみられる車=9日(共同)

 【北京共同】中国を訪問している北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が乗ったとみられる車列が9日午前、北京の釣魚台迎賓館を出発、医薬品の工場やハイテク企業が集まる北京南部の「北京経済技術開発区」に着いた。同開発区を視察したもようだ。車列は約2時間で釣魚台に戻った。

 金正恩氏は習近平国家主席と8日に会談したとみられ、経済建設に総力を集中する新たな戦略路線を改めて説明、協力を求めた可能性が高い。

 開発区関係者は9日朝「外交関連行事がある」としながら、詳細は明らかにしなかった。

 中朝は今年10月に国交樹立70年を控えており、習氏が訪中を要請した。訪中は10日まで。