ロアッソ、元日本代表のGK山本獲得

©株式会社熊本日日新聞社

 J3ロアッソ熊本は8日、J2千葉から元日本代表GK山本海人(33)を完全移籍で獲得したと発表した。熊本は昨季主将だったGK佐藤昭大(32)のJ2山形移籍を5日に発表し、5人から3人に減ったGK陣の補強を進めていた。

 山本は静岡県出身で身長188センチ、体重81キロ。2008年北京五輪と、14年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会のアジア予選で代表に選ばれた。J1清水のユースから04年にトップチームに上がり、13年に当時J2の神戸に移籍しJ1昇格に貢献した。17年は千葉でプレーし、昨季はJ2横浜FCに期限付きで移籍して7試合に出場。通算でJ1の118試合、J2では27試合に出場している。

 セーブ力の高さに加え、在籍チームでの昇格経験やコーチングが期待され、「必ずJ2に昇格しなければならないシーズン。熊本のために全力を注ぐ」とコメントした。(佐藤公亮)

(2019年1月9日付 熊本日日新聞朝刊掲載)