麺にダシが染み込んだ「久留米うどん」がおいしい! 渋谷であったかランチ

©株式会社J-WAVE

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「7-ELEVEN LUNCH HUNTER」。1月8日(火)のオンエアでは、渋谷駅近くにある「久留米うどん」を、フードジャーナリスト、はんつ遠藤さんが紹介しました。

■麺はふんわりねばりゴシ! 久留米のうどん

このお店では、本格的な福岡・久留米のうどんを楽しめます。久留米市は、80年ほど前にとんこつラーメンが誕生した地ですが……とんこつラーメン発祥よりも前から愛されていたのが、久留米市を含む筑後地方で作られる、筑後うどんです。寺岡も、九州を足を運んだ際に、地元の人に「おいしいとんこつラーメン屋さんを知りませんか?」と訊いたところ、「ラーメンもいいけど、うどんを食べて!」とプッシュされたほど、うどん愛がアツかったとか。

筑後うどんの特徴は、麺のコシ。「ふんわりねばりゴシ」と言われます。讃岐うどんとは、また異なる、もっちりとした食感です。

はんつ:このお店のうどんは福岡の小麦を、出汁は久留米直送の醤油と7種類の煮干しを用いています。博多のうどんよりも濃い目に仕上げていますが、あっさりした良さが染み渡ります。

「久留米うどん」

店長の芳賀由季代さんに、お話を伺いました。

芳賀:筑後地方の一部で食べられるうどんを、東京で初めて食べてもらえるお店です。オーナーが久留米に行ったときに、久留米うどんに感銘を受け、東京で始めたいと思ったのがきっかけです。店名は、「筑後」だと伝わりにくいかなということで「久留米うどん」にしました。うどんは久留米の製麺屋さんにお願いして送っていただいてます。

麺は茹で置きして、提供前に出汁と合わせます。そうすると出汁を麺が吸うような感じになり、麺をすするときにお出汁を飲んでいるかのような味わいに。

サッシャ:え! 麺の中にも出汁の味が染み込んでるっていうこと?
寺岡:そういうことですね。

福岡では「丸天うどん」が人気です。まん丸とした魚のすり身のさつま揚げのような具がのっています。福岡の醤油で味付けされた「かしわ飯」を合わせて注文するのが地元風でオススメです。

「久留米うどん」

お店は渋谷駅から六本木通りをまっすぐ、渋谷2丁目の交差点のそばで、並木橋の交差点からも歩いて行くことができます。ぜひ訪れてみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone

【関連タグ】
STEP ONE   グルメ   サッシャ   ランチ   寺岡歩美