ソフトB杉山、初日にブルペン

新人合同自主トレーニング

©一般社団法人共同通信社

ブルペンで投球練習するソフトバンク・杉山=福岡県筑後市

 ソフトバンクの新人合同自主トレーニングが9日、福岡県筑後市のファーム施設で始まり、ドラフト2位の杉山一樹投手(三菱重工広島)が初日からブルペンで捕手を立たせて投球練習した。スライダーやカーブも交え、32球を投じ「思い切って球を投げるのは気持ちいい。悪くないほうだと思う」と話した。

 ノックやインターバル走など育成を含む11人での全体練習を終えた後、唯一投げ込んだ。ドラフト1位の甲斐野央投手(東洋大)はブルペン入りの時期を問われ「自分はまだいいかなという感じ。ある程度投げられるように体づくりはしたい」と冷静に語った。