公取委、巨大IT企業調査へ

今月後半にも開始

©一般社団法人共同通信社

 公正取引委員会の山田昭典事務総長は9日の記者会見で、「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業の規制強化に向けた実態調査を今月後半にも開始すると明かした。「包括的な調査を行い、全体の状況が把握できるようにする」と述べ、プラットフォーマーや取引先など幅広い対象を調査する考えを示した。

 山田氏は期間について「大規模な調査でそれなりに時間がかかる」と説明。調査結果は終了時だけでなく、途中の段階でも節目で公表を検討していく考えだ。

 プラットフォーマーは頭文字を並べて「GAFA」と称されるグーグルとアップル、フェイスブック、アマゾン・コムを念頭に置く。