不規則な時間のお仕事でも元気!元CA女優がこだわる質の良い睡眠のコツ3選

©シーエーメディアエージェンシー/ハニーコミュニケーションズ

なぜ質の良い睡眠が大事なの?

質の良い睡眠は、メンタルの不調だけでなく、様々な病気の予防になります。

なぜなら、夜眠っている時に成長ホルモンが分泌され、心身の機能が回復するからです。

つまり、寝不足は万病の元!

元CAで現在女優をしている筆者は、不規則な時間帯の勤務が長く、体に疲れも溜まりやすいです。

どのように眠って疲れを取っているのか、こだわっている質の良い睡眠についてお伝えします。

 

こだわり1:当たり前?疲れたら早く寝る!

成長ホルモンは、夜の10時頃から夜中の2時頃の間、ピークに分泌されると言われています。

疲れたら寝るのは当たり前のことのようですが、意外とできない人が多いんです。

疲れて帰宅して、つい習慣でテレビをつけて見てしまったり、メールを1通だけ返信してから寝よう、小説の続きを10ページだけ読んでから寝よう、なんてことはありませんか?

意識して、早くお布団に入ることが大切です。

 

こだわり2:スマホなど眠りの質を下げるものは避ける

テレビやパソコン、スマートフォンなどの画面の光は脳を興奮させて眠りの質を下げると言われています。

寝る1時間前には画面を消すのが理想です。

また、アルコールも眠りの質を下げます。

「アルコールは眠くなるんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、アルコールを摂取すると最初は眠くなりますが、アルコールが体内で分解されていく過程で交感神経が働き、次第に眠りが浅くなってくるのです。

飲み過ぎた時に夜中に目が覚めた経験は無いでしょうか?

寝酒の習慣のある人は知らないうちに寝不足になっているおそれがあるので、注意が必要です。

寝る直前までテレビやスマートフォンを見ながらお酒を飲んでいる、というのが一番良くないかもしれません。

電波を気にして、眠る時は機内モードにして携帯電話が電波を受信しないようにして寝ているCAの友人も!

そして、コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインも体質によっては眠りにつきにくくなることがあります。

 

 

 

こだわり3:しっかり朝日を浴びる

朝の光を浴びることで脳内時計がリセットされます。

すると、14~16時間後にメラトニンという物質が分泌されます。

メラトニンは眠りの質を良くしてくれる物質です。

朝起きたら、すぐに雨戸やカーテンを開けましょう。

できれば朝の散歩がおすすめです。

最低でも15分、できれば30分明るいところにいるだけで効果的です。

その日の夜の睡眠まで質の良いものに変えられるかもしれません。

質の良い睡眠がとれていれば、朝の目覚めの気分が違います。

 

質の良い睡眠は良い目覚め、良い仕事につながる

「朝、すっきり目覚めて仕事に行く!」というのは、いきいき働く基本ですね。

気持ちも前向きになれるのでは?

忙しい時ほど、なかなか長い睡眠時間が作れないと思いますので、ぜひ質の良い睡眠を心がけてみてくださいね。