吉田輝星・始動 日ハム新人合同自主トレにファン700人

©株式会社日刊現代

吉田輝星・始動 日ハム新人合同自主トレにファン700人

14 Photos

9日プロ野球・日本ハムの新人合同自主トレーニングが千葉県鎌ヶ谷市の2軍施設で始まったプロへの第一歩を踏みだしたドラフト1位の吉田輝星投手(秋田・金足農業高校)をはじめとする8人の選手のもとに報道陣34社83名に加え700人もの観客が集まり練習を見守った

午前9時50分、6日に入寮した「勇翔寮」から球場へ向かう

球場入り後すぐにジョギングが始まった

ドラフト4位・万波中正(横浜高校)とペアになって走り込む吉田

ジョギング、ストレッチ、体幹トレーニング、走り込みなどのメニューをこなした後キャッチボールに入る吉田

2018年に引退した矢野謙次チーム管轄本部特命コーチと山田正雄スカウト顧問に見守られる中でのキャッチボール

夏の甲子園決勝で投げ合ったドラフト5位・柿木蓮投手(大阪桐蔭)とチームメイトとなった

栗山英樹監督が視察に訪れ訓示を行った

室内練習場に移り守備練習

2軍施設に集まったファンとハイタッチ

練習終了後には囲み取材に応じた

新人合同自主トレは1月下旬まで行われる
応援へ行く際は球団HPなどでスケジュールをチェックした上でしっかり防寒対策をしましょう!

撮影日:2019年1月9日