韓国の文大統領、日本を批判

「問題拡散賢明でない」

©一般社団法人共同通信社

10日、ソウルの韓国大統領府で年頭会見する文在寅大統領(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は10日、ソウルの大統領府で年頭記者会見を行い、韓国最高裁が新日鉄住金に賠償を命じた元徴用工訴訟を巡り、三権分立の原則から韓国政府は司法判断を尊重しなければならないと表明した。また「日本の政治指導者が政治的な争点とし、問題を拡散させているのは賢明ではないと考える」と批判した。

 徴用工問題で韓国政府が対応を検討していることについては、朴槿恵前政権下で元徴用工訴訟の遅延工作が図られた事件の捜査を見守る必要があるとして、策定には時間がかかるとの認識を示した。